英文法

【助動詞】will not → won’t になる理由

スポンサーリンク

今回の記事では、助動詞 will についての小ネタをお話していきたいと思います。

助動詞 will を学習していて、一度はこんなことを思ったことはありませんか?

will not の省略

今回は、この素朴な疑問について考えていきましょう。

今回のテーマwill not → won’t になる理由
スポンサーリンク

 

 

\ 200万冊以上が読み放題の電子書籍 /
30日以内にいつでも解約可能 → 完全無料

 

 

 

よくある疑問

will not の省略

普通、助動詞 + not の省略形と言えば、

  •  can + not = can’t
  • must + not = mustn’t
  • should + not = shouldn’t 

のように、規則的な形をしています。

しかしながら、will + not に限っては、willn’t とならず、won’t となるのです。

なぜ、willn’t ではなく、won’t なのでしょうか?

この疑問を解決するために、〈英語史〉というアイデアを使ってみましょう。

スポンサーリンク

〈英語史〉とは

〈英語史〉とは、字のごとく「英語の歴史」のことですが、そんな〈英語史〉は以下の4つの区分に分類することができます。

① 700年頃 ~1100年   古英語
② 1100年頃 ~1500年 中英語
③ 1500年 ~ 1900年 近代英語
④ 1900年頃 ~現在   現代英語
【注意事項】
上の分類は、研究者や区別の基準によって異なります。また、ある年数を境に英語がガラッと変わったわけでもありません。言語は徐々に流動的に変化していくものです。

ここで重要なことは、『英語は様々な姿をしていた』という点です。

スポンサーリンク

will not → won’t になる理由は…

さて、本題のwilln’t ではなく won’t になる理由』ですが、鍵を握るのは〈中英語〉です。

〈中英語〉では、

willwol という綴り字になっていた
という事実が存在します。
正確は、現在のwillには、wil と wol の2つの綴り字が存在した、と言った方が正しいです

そして、この〈中英語〉のwol notの短縮形 “won’t”現在にも受け継がれたのです。

以上で、今回のテーマに対して回答が与えられました。

今回のテーマwill not → won’t になる理由

中英語の綴りwolの否定形が現在に継承されたから
wol not だったら woln’t になるのでは?」と疑問に感じる方もいるかと思いますが、woln’t ではなく、won’t に なる理由としては、発音上の円滑化を目的に l が省略されたと考えるのが一般的です。
このように〈英語史〉の知見は英文法の疑問解決に貢献してくれます。

〈英語史〉を扱った記事のご紹介

当ブログでは、〈英語史〉の知見を取り上げた記事を作成しています。

英語史と英文法の奥深い繋がりに出逢えること間違いなしです。

スポンサーリンク

今回のまとめ

さて、今回の記事はかなり短めでしたが、この記事のまとめをしておきましょう。

will not → won’t になるのは、中英語の wol not の省略形 won’tが受け継がれたから
今回の記事では、あっさりとした内容でしたが、他の記事では助動詞 will についてかなり詳しく取り上げています。ぜひ他の記事もご参照ください。

◆助動詞シリーズwill第1弾 
【助動詞】法助動詞willの用法とコアイメージ

◆助動詞シリーズwill第2弾 
【助動詞】will と be going to の違い

◆助動詞シリーズwill第3弾 
【助動詞】willと現在形が表す『習慣』の違い

ご覧いただきありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。

コメント