英文法

【関係詞】関係代名詞のthatは存在しない -thatの真実-

英文法
スポンサーリンク

今回の記事では、なかなかキャッチ-なテーマを扱います。

ずばり、

thatに関係代名詞の用法はない

この衝撃的な命題を紐解いていきましょう。

この『thatに関係代名詞の用法はない』というのは、〈生成文法〉という言語学の一派が提起した主張です。〈生成文法〉というのは、現代言語学において主流の1つとされる言語学であり、したがって「でたらめ」ではないという点をまずご理解ください。この記事ではその主張を専門用語を極力用いずにご紹介させていただきます。
スポンサーリンク

 

 

\ 200万冊以上が読み放題の電子書籍 /
30日以内にいつでも解約可能 → 完全無料

 

 

 

【前置き】注意事項として

この記事をご覧いただく前に、1つ名言しておくことがあります。

当記事の目的は、

『thatには関係代名詞の用法がない』という考え方を紹介することであり、それを英語教育にも導入すべきと主張することではない

よって、一般的な説明を批判する意図もありません。

『こんな考え方もできるんだなぁ』というお気持ちでご覧いただければ幸いです。

それでは本編に入っていきましょう。

スポンサーリンク

重要ポイント:関係代名詞の品詞について

今回のテーマにおいて、全ての土台になるポイントがあります。

ポイント〈関係代名詞〉は、〈代名詞〉の1種である

〈関係代名詞〉は〈代名詞〉のカテゴリーに分類されます。

時折、

  • 『関係代名詞は形容詞だ』
  • 『関係代名詞は接続詞だ』

などと言われることがありますが、実際の品詞は〈代名詞〉です。

 参考として、辞書の抜粋を載せています。

関係代名詞が代名詞である根拠赤丸で囲んだ「代名詞」というカテゴリーの中に、それぞれ「疑問代名詞」や「関係代名詞」が含まれていることが分かるかと思います。したがって、関係代名詞も代名詞の1種です。
*参考辞書:ウィズダム英和辞典(三省堂)

この

『〈関係代名詞〉は〈代名詞〉の1種である』

ということは、非常に重要な意義を持つのです。

なぜなら、このことは〈関係代名詞〉は、〈代名詞〉の性質を持っていなければならないことを意味するからです。

したがって、次のように考えられます。

〈代名詞〉のthatで生じる現象が 「関係代名詞とされるthat」で生じなければ、thatは関係代名詞ではない
このことを示せれば良いのです。

それでは、その「thatが関係代名詞ではない根拠」を5つ提示します。

『’that’ が〈関係代名詞〉ではないとしたら、一体何なのか?』thatの本当の正体については記事の後半でお話します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

① 先行詞が複数形でもthoseに変化しない

まず根拠1つ目です。

「代名詞のthat」には、言うまでもなく、単数形と複数形があります。

単数形の名詞にはthat複数形の名詞にはthoseが使われます。

thisとthatの交替関係

もし仮にthatが〈関係代名詞〉であった場合、代名詞の一種なので当然このような「単複の区別」は生じるはずです。

関係代名詞では・・・

しかしながら、

先行詞が複数でも、thatはthoseにならない
対応非対応
もし、例文中のthatが〈関係代名詞〉だったら、2つ目の文では先行詞の複数形boysに対応して、those になっているはずです。
本来ならばthatはthoseになるはず
しかし、言うまでもなくこの用法は存在しません
先行詞が複数なのに、thatはthoseに変化しない
したがって、「thatは関係代名詞ではない」と言えるでしょう。

【補足】whoやwhichでは

それではwhoやwhichではどうでしょうか?

who 変化なし
which単数複数
先ほどのthatと同様に、単数形にも複数形にも同じ形をしているので、
「だったらwhoとwhichも関係代名詞ではない」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

これは、単純に
もともと ‘who’ と ‘which’ は単複を区別する形を持っていないから
と言えるでしょう。
who や which には、そもそも単数と複数の区別がないから、先行詞が単数の時でも複数の時でも同じ形をとっているだけなのです。
それに対して、that には those という複数形があるのに、先行詞が複数形の時でも that のままなのです。
したがって、『thatは関係代名詞ではない』ということです。
スポンサーリンク

②「距離関係による this↔that の交替」が存在しない

根拠2つ目です。

「代名詞のthat」は、距離に応じてthisと交替します。その距離とは、〈物理的距離〉と〈心理的距離〉です。

thisとthatの物理的距離による使い分け
近くにあるものにはthis遠くにあるものにはthatが使われます。
次の〈心理的距離〉による区別は少し複雑です。
thisとtthatの心理的距離による使い分け
日本語の訳に反映されるのが難しいのですが、「心理的に近いものにはthis」、「心理的に遠いものにはthat」という区別をしている
このように〈代名詞〉のthatは、物理的・心理的距離関係に応じてthisと交替するのです。

関係代名詞では…

しかしながら、「関係代名詞のthat」では、this↔thatの交替は生じません

関係代名詞のthatは距離に応じてthisにならない
上の2つの例文の先行詞は、「物理的にも心理的にも距離が近い存在」のはずです。
しかしながら、thisが使われることはありません

よって、このことからも「thatは関係代名詞ではない」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

③「非制限用法(, that) 」が存在しない

3つ目の根拠です。

thatは次のような〈非制限用法〉を持ち合わせていません。

thatが使えない場合

興味深い点は、that以外のwhoやwhichには〈非制限用法〉が存在するということです。

thatだけ〈非制限用法〉が無いのは、なぜか?

それは、
thatは、whoやwhichと品詞が違う、即ち〈関係代名詞〉ではないから
というシンプルな理由です。
スポンサーリンク

④「 所有格用法」が存在しない

4つ目の根拠です。

〈名詞〉には必ず〈所有格〉というものが存在します。

それは〈代名詞〉でも例外ではありません(例:itの所有格→its)

ということは、もしthatが関係代名詞なら、所有格が存在すると考えられます。

しかし、that は whose の代わりとして所有格の機能は果たせません

thatでは代用不可な場合

所有格を持たないということは、代名詞ではない、即ち関係代名詞ではないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

⑤「前置詞+that」が存在しない

5つ目の根拠として、前置詞と関係代名詞の組み合わせを考えてみましょう。

前置詞というのは、後ろに名詞を要求します。

そして、‘I talked with him のように代名詞も前置詞の後ろに置くことが可能です。

したがって、代名詞の一種である関係代名詞も前置詞の後ろに置くことが可能なはずです。

実際に、whoやwhichは、前置詞に後続することが可能です。

しかしながら、以下のように「前置詞+that」は非文とされています。

thatでは代用不可能な場合
whoやwhichは前置詞に後続することが可能だが、thatだけは不可能
この事実が意味するのは、
thatはwhoやwhichと品詞が異なる、即ち関係代名詞ではない
ということです。
スポンサーリンク

5つの根拠のまとめ

以上で「thatに関係代名詞の用法はない」という5つの証拠が出揃いました。

5つの根拠

  1. 先行詞が複数形でもthoseに変化しない
  2. 「this ↔ that の交替」が存在しない
  3. 「非制限用法(, that)」が存在しない
  4. 「所有格用法」が存在しない
  5. 「前置詞+that」が存在しない

もし、that が関係代名詞であるならば、上の5つのような現象は生じません。

裏を返せば、①~⑤の現象が生じてしまうのは、that が関係代名詞ではないからなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

that の正体は?

さて、上の5つの根拠で、「thatは関係代名詞と言える性質を持ち合わせていない」ことが分かりました。

それでは、そんな’that’が関係代名詞でないとしたら、あの’that’は一体何者なのでしょうか?

実は、、、

あの ‘that’ は、接続詞の ‘that’ である
信じられないかもしれませんが‘that’ を接続詞として解釈した方が、色々と都合よく説明できるのです。
実際に、先ほどの5つの根拠で検証してみましょう。
スポンサーリンク

①「複数形の先行詞に対応するthose」が存在しない

1つ目の根拠で、「先行詞が複数でもthoseにならない」と述べました。

対応非対応
これは、「関係代名詞とされているthat」を「接続詞のthat」として考えれば解決できます。
「接続詞のthat」では、節が複数になってもthoseにはなりません。
接続詞のthatは節が複数でもthoseにならない
したがって、「関係代名詞とされているthat」は「接続詞のthat」だと分かります。
スポンサーリンク

②「距離関係による this↔that の交替」が存在しない

〈代名詞〉であるならば存在するはずの「距離関係によるthisとthatの区別」が「関係代名詞とされているthat」には存在しないことを説明しました。

関係代名詞のthatは距離に応じてthisにならない
これは「関係代名詞とされているthat」を「接続詞のthat」と考えれば当然の帰結です。
なぜなら、「接続詞のthat」も距離関係によってthisと交替しないからです。
接続詞that 例文
最初の例文は、「ここに停めてある車」に言及しているので、距離的に近く、
2つ目の例部は、「両親が自分を愛する」という心理的に近い内容に言及しています。

このように、距離的に近い内容でも、「接続詞のthat」はthisになりません

このことから、「関係代名詞とされているthat」は「接続詞のthat」と考えられます。

スポンサーリンク

③「非制限用法(, that) 」が存在しない

先ほどの根拠で次の例文を出しました。

thatが使えない場合
「関係代名詞とされているthat」には、「,that」の非制限用法の形式が存在しないのです。
これは「接続詞のthat」でも同様です。
接続詞のthatに「, that」の形式はない
したがって、「,that」の形式が存在しないという理由で、「関係代名詞とされているthat」は「接続詞のthat」と言えるでしょう。
スポンサーリンク

④「 所有格用法」が存在しない

who・whom・which の代用として機能できる「関係代名詞とされているthat」ですが、

なぜかwhoseの代用だけはできなかったのです。

しかし、これもthatを接続詞として見なせば、一瞬で解決できてしまいます。

接続詞のthatだから、所有格は存在しなくて当たり前
接続詞という品詞には所有格がありません。
そして、「関係代名詞とされているthat」は実は接続詞であるから、所有格用法が無くて当然です。
これで「thatに唯一所有格だけがない理由」を説明できてしまいます。
スポンサーリンク

⑤「前置詞+that」が存在しない

「関係代名詞とされているthat」は、「前置詞+that」という形での使い方が無いことを説明しました。

thatでは代用不可能な場合

これは、「関係代名詞とされているthat」を「接続詞のthat」と解釈すれば解決できます。

というのも、「接続詞のthat」は前置詞に後続できないからです。

前置詞+接続詞の形は存在しない
このことからも「関係代名詞とされているthat」は実は「接続詞のthat」だと考えられます。
スポンサーリンク

thatを接続詞として解釈した方が…

ここまで話を進めてきましたが、分かったことをまとめます。

thatを接続詞として見た方が、例外を排除できる

特に③、④、⑤に注目してみましょう。

学校英語では、「thatは他の関係代名詞の代用可能」という説明が為されますが、以下の(1)~(3)は例外とされています

(1) 非制限用法としての使用不可能←③
(2) whoseの代用不可能←④
(3) 前置詞+that は不可能←⑤
*隣の数字は本記事の根拠の番号に対応しています

しかしながら、thatを接続詞と捉えると、上の3つは例外などではなく、接続詞のthatとして当然の現象だと言えるでしょう。

例外を少なくするという点では、thatは関係代名詞ではなく、接続詞と捉えた方が都合がよい
何度も述べていますが、だからと言って学校英語でも「thatは関係代名詞ではなく接続詞だ」と教えるべきと主張しているわけではありません。当然「thatも関係代名詞」と教えた方が遥かに好ましいです。ここではただ「このような考え方もできる」というアイデアの提供だけで、教育・指導とは切り離してお考え下さい。
スポンサーリンク

最大の疑問

ここで、多くの方が抱いているであろう指摘を取り上げます。

thatの後が不完全な文なのはおかしい

確かにその通りなのです。

thatの後ろも、正当な関係代名詞の who/whom/whichなどと同様に、要素が抜けているのです。

指摘

たしかに、この現象は関係代名詞特有です。

つまり、次のように言えるでしょう。

thatは接続詞の性質もあり、関係代名詞の性質もある
図にまとめるとこんな感じです。
まとめ

赤色の範囲は「thatは接続詞である」と解釈した方が一貫性が保たれますが、青色の範囲は「thatはやはり関係代名詞である」と解釈した方が一貫性が保たれるように見えます。

実際にはどうなのか

このような that が関係代名詞と接続詞の両方の性質を重ねて合わせていますが、実際にはそれでもなお「that は関係代名詞ではなく、接続詞である」と主張することは可能です。

ただ、冒頭でもお話したように、「thatは関係代名詞ではなく、接続詞である」と主張するのは〈生成文法〉という言語学であり、ここからはどうしても〈生成文法〉の概念や用語なしでは不可能なので、かなり難易度が上がってしまいます。

機会があれば、分かりやすく解説した記事を作成する予定です。

今回の記事では、「関係代名詞とされているthat」は接続詞っぽい性質を持っているということを理解していただけたら幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全体のまとめ

今回は、『関係代名詞のthatは存在しない』というテーマを扱いました。

最初は耳を疑うようなタイトルだったと思いますが、実際に言語事実を並べてみると、「たしかに、thatは接続詞っぽいかも…」と少しは思えたのではないでしょうか?

そして意外にもthatを接続詞とした方が例外を少なくできるのです。

(何度も言いますが、学習する時や教える時は「thatは関係代名詞」と捉えたが確実に好ましいです。ただ、個人的には、指導する側は知っていて損はない知識だと思っています)

今回のポイントです。
「thatには関係代名詞の用法はない」とする5つの根拠
①先行詞が複数形でもthoseに変化しない
②「this↔thatの交替」が存在しない
③「非制限用法(, that)」が存在しない
④「所有格用法」が存在しない
⑤「前置詞+that」が存在しない

この記事に出てきた用語も整理しておきます。

〈関係代名詞〉〈代名詞〉〈接続詞〉〈非制限用法〉〈所有格〉〈生成文法〉

【参考文献】

  • Quirk, Randolph etc (1985), Comprehensive Grammar of the English Language.
  • Chomsky & Lasnik (1977), Linguistic Inquiry 8.
  • Chomsky & Lasnik (1977), The Cambridge Grammar of the English Language.
  • 井上永幸 他 (2010)『ウィズダム英和辞典』三省堂
  • 吉波和彦 他 (2011)『ブレイクスルー総合英語(改訂二版)』美誠社
  • 時崎久夫『文化と言語』札幌大学外国語学部記要(35-51)
関係代名詞の他の記事は以下からご覧いただけます

 

今回はあくまで「1つの考え方」としてご紹介させていただきました。

「こんな考え方もあるんだなぁ」という驚きと、英文法の奥深い世界をご堪能いただけるスパイスをご提供できていたら、この上ない幸せです。

今回もご覧頂きありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。

コメント