言語学

【意味論⑤】発話・文・命題

意味論⑤ サムネイル画像言語学
スポンサーリンク

この『意味論⑤』では、意味論における〈発話〉〈文〉〈命題〉の3つのトピックについて扱います。

  • 〈発話〉の定義と具体例
  • 〈文〉の定義と具体例
  • 〈命題〉の定義と具体例

このような内容を見ていきましょう。

今回のテーマ〈発話〉〈文〉〈命題〉について

 

 

\ 200万冊以上が読み放題の電子書籍 /
30日以内にいつでも解約可能 → 完全無料

 

 

 

はじめに「意味論はどのような分野か?」

意味論の言語学における位置づけや、意味論の種類など、『意味論の全体像』については別記事を作成しています。

➤➤【意味論①】意味論とは何か

3つの抽象性の次元:発話・文・命題

それでは本題に入りましょう。

〈発話〉〈文〉〈命題〉は、言語表現における概念ですが、〈抽象性〉のレベルが異なります

上記3つの関係をまとめると、次のようになります。

発話・文・命題では、抽象性の次元が異なる

このことを念頭に、下から〈発話〉➤➤〈文〉➤➤〈命題〉の順番で見ていきましょう。

発話 (Utterance):最も具体的

〈発話〉は、言語表現において、最も抽象性が低い(=最も具体的)な概念です。

例えば、次のような場面を想定してください。

上のイラストは、異なる人間が John kicked Mary’ と発言しているシチュエーションです。

このような場合、

2つの〈発話〉が存在する

と考えます。

つまり、「発言している人物」や「話すスピード」などなど、すべてを含んだ最も具体的な言語表現が〈発話〉というレベルになります。

〈発話〉に関する補足説明

ここから先は、〈発話〉に関する補足説明を見ていきます。

(1)〈発話〉の表記法

〈発話〉という概念であることを示すために、主に書籍などでは John kicked Mary’ というシングル・クォーテーションが用いられます。

(2) 文法的である必要はない

〈発話〉とみなされるために、その言語表現が文法的である必要はありません。例えば、‘Yeah!’‘Ouch!’ なども〈発話〉として扱われます。そして更には、‘You said what?’ という言語表現は、文法的には正しくありませんが、〈発話〉として扱われます(‘You said what?’ が非文法的である理由は、 英語ではwh直接疑問文の時はwh要素が文頭(+QのCの指定部)に移動する義務があるからです)。この特徴は、次に見る〈文〉には当てはまらないので、頭の片隅に留めておいてください。

(3) 自然言語の一部でなければならない

上の(2)で「発話は文法的である必要はない」と説明しましたが、自然言語(≒人間が使う言語)の一部である必要があります。例えば、‘xatovery’ と誰かが口にしても、その記号は世界中の自然言語を探しても見つからないので、〈発話〉とはみなされません。

それでは次に〈文〉というレベルを見てみましょう。

スポンサーリンク

(Sentence):抽象性のレベルは真ん中

〈発話〉が最も具体的なレベルであり、それが抽象化・一般化されたものが〈文〉と呼ばれる概念です。

以下のような『異なる2人が“John kicked Mary”と発話している場面』を想定してみましょう。

先ほどと同じシチュエーションですが、このような場合、

1つの〈文〉が存在する

と考えます。

〈発話〉は先ほどと同じく2つ存在します。

つまり、〈発話〉から、「発話者」や「アクセント・イントネーションの特徴」などの音声的特徴を取り除いたものが〈文〉と呼ばれる概念です。

〈文〉に関する補足説明

ここからは〈文〉に関する補足説明を取り上げます。

(1) 〈文〉の表記法

〈発話〉という概念であることを示すために、主に書籍などでは John kicked Mary というイタリック体が用いられます。

(2) 〈文〉は文法的である必要がある

これは〈発話〉と異なる特徴です。‘You said what?’ という言語表現は、〈発話〉として扱われますが、非文法的であるため〈文〉としては扱われません。このように、〈文〉のレベルでは文法的特徴を考慮するようになります。

それでは次に〈命題〉という概念を見てみましょう。

スポンサーリンク

命題 (Proposition):最も抽象的

言語の「抽象性のレベル」において、

最も具体的なのが〈発話〉、それが抽象化されたのが〈文〉ということを見てきましたが最も抽象化された概念が〈命題〉と呼ばれるものです。

命題ある状況を表す記述
厳密には〈真偽値〉などの概念も入ってきますが、ここでは〈発話〉と〈文〉と関連させて「具体性(抽象性)」のレベルの議論に留めておきます。

意味論における命題とは、最も抽象化・一般化された状況の記述

 

このようなシチュエーションでは、

1つの〈命題〉が存在する

と考えます。

〈発話〉は4つ、〈文〉は3つです。

というのも、上の4人全ての女性は、言語表現の仕方は違いますが、記述内容は同じだからです。

したがって、上記の4つは「同じ命題」として解釈されます。

〈命題〉の表記法 (複数あり)

命題は、JOHN KICKED MARY.のような大文字で表記します。また、他の表記法としては、KICK(John, Mary) のようなものもあります。この表記法は、〈意味役割〉(主題役割、深層意味格、θ役割とも呼んだりします)の考え方を取り入れたものになります。〈意味役割〉については詳細記事を作成しますが、VERB(Agent, Patient)のような型に基づいているとお考えください。

1つの〈命題〉は、複数の〈文〉で表現され得る

イラストの通り、JOHN KICKED MARY.という1つの〈命題〉は、①John kicked Mary, ②Mary was kicked by John, ③It was John who kicked Mary のように異なる3つの〈文〉で表現されることが可能です。つまり、〈命題〉という概念は言語構造や音律(イントネーションなど)からは独立した概念です。

異なる言語で表現しても「同じ命題」と扱われる

上で「1つの命題は、様々な文で表現される」ということを見ましたが、実は言語の種類にも縛りはありません。すなわち、英語やドイツ語や日本語などの複数の言語を使って「1つの命題」を表現することが可能です。例えば、John kicked Mary(英語), John trat Mary(ドイツ語), ジョンはメアリーを蹴った(日本語) の3つの言語表現は、言語の種類こそ異なりますが、全て「同じ1つの命題」を表しています。この理屈を最大限に活用した行為が「翻訳」です。翻訳とは、言語の命題という概念に基づく行為なのです。

「命題=意味」なのか?

意味論の研究の中で、この命題こそが言語の意味だと考える学者が数人登場しました。はたして命題と言語の意味を同一視して良いのでしょうか?残念ながらそれは難しいとされています。言語の意味を扱う意味論ですが、実際はその対象とする「意味」という概念は非常に捉えるのが難しいのです。
スポンサーリンク

全体のまとめ

以上で『意味論⑤』は終了です。

今回は、〈発話〉〈文〉〈命題〉という3つの概念を見てきました。

それら3つは、抽象性のレベルが異なります。

発話・文・命題では、抽象性の次元が異なる

  • 〈発話〉は、言語において最も具体的なレベルの概念
  • 〈文〉は、実際の言語使用から抽象化・一般化された概念
  • 〈命題〉は、最も抽象的なレベルの概念
    ➤ 1つの命題は、複数の文で表現され得る

参考文献

  • Saeed, J. I. (2009) Semantics (3rd edition). Wiley-Blackwell.
  • 斎藤純男・田口善久・西村義樹 (2015) 『明解言語学辞典』三省堂

意味論のみならず、言語学の全体像を広く浅く俯瞰するには最適な1冊です。難しい理論や用語ではなく、言語学について勉強してみたいと思う方は必見です。

言語学の用語を調べるための辞書として手元に置いておくと非常に便利です。値段も2200円ほどで、言語学辞典の中では群を抜いてお手頃価格です。

意味論についての他の記事はこちらから

意味論に関する記事を他にも作成しています。今回の記事と合わせてご覧ください。

意味論のページを見る

コメント